顎関節症治療

※保険外治療になります。

顎関節症とは?

顎の周囲の筋肉靭帯関節円盤の転移またはそれ以外の原因からなる顎関節部の症状の総称

顎関節症の症状とは?

1.jpg2.jpg

以上が3大症状ですが、それ以外に頭痛、目の奥の痛み、肩、腰の痛みが出る場合があります。

 

 

患者様が悩んでる点を教えてください

  1. 顎が痛いが原因がわからない
  2. どこの科に治療にいけばいいのかわからない ・・・など。
様々な悩みがあるかと思いますが、まずはご相談ください。

 

検査・診断の内容について

姿勢写真、口腔内写真、顎関節規格レントゲン撮影、咬合器付着模型検査、顎運動機能検査により、咬み合わせの異常によるものなのか、それ以外なのか、咬み合わせの異常ならば、早期接触なのか、咬合支持の喪失なのか診断します。

初診時から治療までの流れ

T-8.jpg

1.問診:いつごろから症状が発生し現在どうなのか
項目別に質問をしていきますので答えてください

3.jpg

2.急性期ではロックの解除、写真撮影、顎関節レントゲン撮影、咬合器付着様模型採得、顎機能検査
そうなった原因を追究するため、さまざまな検査をしていきます

T-9.jpg

3.早期接触部の咬合調整 
咬合器上で上下の歯を閉じ合わせたとき、最初に奥歯の一点に接触がある場合、その一点がテコの支点となり、顎関節に引き出しの力掛かり顎関節を痛めます。
この場合、顎関節規格レントゲンにて、正常に比べ、隙間が開くことや、顎運動検査にて安静時点と比べ、咬合時点のほうが下方に点が位置することなどで確認ができます。

2.jpg

4.支持不足の歯の修復 
顎関節規格レントゲンにて、関節の骨の吸収や、変形があり、かつ空隙量が狭い場合、顎関節に圧迫の力がかかっており、それを直すためには、空隙量を増やすべく、歯の高さを増やす必要があります。これは顎運動検査にて安静時点と比べ咬合時点のほうが上方に位置することで確認ができます。

 

治療後のメンテナンスなどあれば教えてください

症状確認と、顎関節規格レントゲンにて空隙量が適正にたもたれているかの確認、顎運動検査にて、運動制限がないか、安静時点と、咬合時点の2点で関節に対し圧迫も引き出しの力もかかっていないかを確認します。